交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

労災保険使用のメリットは?

愛知県 J様

相談事例:はじめまして。相手の保険会社から示談内容が届きました。

通院実日数○○○日、治療期間○○○日です。後遺障害14級9号です。

傷害慰謝料:○○○万円、後遺障害による損害:○○万円

この金額は妥当なのでしょうか?

金額の差が大きければ御社への依頼を考えています。

通勤途上の交通事故ですが、会社の業務課に話したところ労災にしないほうが私にとって金銭的に良いと言われたので労災にしていません。

御社の説明文を読むと労災にしたほうがメリットが有りそうな感じがしました。

実際どうなのでしょうか。お手数ですが宜しくお願い致します。


回答です:ご相談ありがとうございます。

まずは慰謝料ですが、赤本(裁判所基準)ですと122万円ほどになります。

後遺障害による損害には、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料という2つの項目があります。

後遺障害逸失利益は事故前年の収入をもとに計算します。
後遺障害慰謝料は14級の場合、赤本基準ですと110万円になります。

保険会社からの示談金額のご案内のコピーと、事故前年の源泉徴収票のコピーを送って頂ければ、至急計算してご連絡させて頂きます。

また労災に関してですが、J様の過失が少しでもある場合、労災を使ったほうがメリットがあります。過失割合はいかがでしょうか?

また、労災保険(通勤災害)で独自に支給される特別支給金があります。これは、相手の保険会社の賠償金とは調整されずに支給されます。下記のページをご参考下さい。


特別支給金の支給

当事務所では、会社への労災申請に当たってのご説明、書類の取りつけ等を行っています。病院への書類の提出、説明なども行っています。

ご連絡お待ちしております。宜しくお願い致します。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP