交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

むちうち症の後遺障害についてのご相談

茨城県 D様 

相談事例:車で信号待ちをしていたところ、後方より追突されました。

事故から5ヶ月経過した頃、症状もほぼ落ち着き、医師からも治療終了を進められ、治療を終えました。しかし10日後に再び痛みを感じたので、相手方の保険会社に話をすると、後遺障害申請の話をされました。

そのため、再び病院に行き医師に相談したところ、「あなたの場合は認められる可能性がほとんどないですよ。診断書料も高いので、無駄になると思いますよ。」と言われました。

このような場合、やはり後遺障害の認定はむずかしいのでしょうか?お忙しいところお手数をお掛け致しますが、ご回答をよろしくお願い致します。

 

回答です お問合せありがとうございます。

自賠責保険調査事務所では、むち打ち症のような神経症状の場合、事故から6カ月以上の治療実績がないと認定しない方針です。

D様の場合、5ヶ月経過した時点で治療を終了してしまっているため、後遺障害認定は残念ながら可能性が低いと言わざるを得ません。

治療終了後10日経った時点で痛みを感じたときに治療を再開していれば、14級9号が取れる可能性があったと思います。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP