交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

慰謝料の相場について

山口県 U様

相談事例:損害賠償額について、全然分からないので相談しました。

昨年の秋、250ccバイクにて片側2車線の道路を走行中、店の駐車場から出てきた乗用車とぶつかりました。
私の過失は5%です。

私は左手首を2本骨折し、約2週間入院し、今年の夏に治療が終了しました。
金具で骨を固定する手術と、金具を取る手術の合計2回、手術をしました。

損害賠償額が提示されましたが、慰謝料が約60万円という数字で、これが妥当なのかどうか分かりません。

よろしくお願いします。


回答です:ご相談ありがとうございます。

赤本(裁判所基準)ですと、U様の場合、慰謝料は約100万円となっていますので、まだ増額の可能性があると思います。

また、手首の骨折をされていますので、後遺障害の申請をおすすめ致します。

手首の可動域制限(動かしにくさ)が残った場合、その角度によって10級か12級に該当する可能性があります。
そうでなくても、痛みが残れば12級か14級に該当する可能性があると思います。

後遺障害に該当した場合、後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益を請求することができます。例えば14級の後遺障害慰謝料は、110万円が裁判所基準です。

後遺障害の申請をする場合は、保険会社から「後遺障害診断書」という書類を取り寄せていただき、主治医の先生に記入してもらうことになります。

主治医の先生が後遺障害診断書を記入してくださいましたら、一度当事務所までコピーをご送付ください。
拝見し、記入漏れがないか、何級が取れそうかなどを確認し、ご連絡させて頂きたく思います。

よろしくお願い致します。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP