交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

今後の示談交渉について相談です

静岡県 Z様

相談事例:昨年、交通事故に遭いました。
私が大型バイクで直進中、対向車が右折してきて衝突。私は前方に宙を舞いアスファルトの路面に叩きつけられました。

救急搬送され約一ヶ月間入院しました。

左肩甲骨骨折、左腕神経損傷の怪我を負いました。
現在は神経損傷による左肩と左腕の機能障害が症状として残っています。
力が右と比べると7割がいいところなのです。

私の職業は体が資本で、体力測定も昇給や昇任の材料となります。
今回の事故で、職場で精神的にも肉体的にも辛さを感じており、また、今後の仕事に大きな不安を抱えています。


回答です:ご相談ありがとうございます。

オートバイの事故で、大変なお怪我をされてしまいましたね。
今も症状が残っているとのことですので、お大事になさってください。

運動可動域が健側の4分の3以下に制限される場合、後遺障害12級6号に該当します。
Z様の場合、左手の力が右と比べると7割ほどであるとのことですので、12級6号に該当する可能性があるかと思います。

後遺障害の申請がまだでしたら、保険会社から後遺障害診断書という書類を取り寄せていただき、主治医の先生に記入をお願いしてみてください。

主治医の先生が書いてくださいましたら、コピーを当事務所までお送り下さい。拝見して、後遺障害何級が取れそうかや、記入漏れ等がないか確認して、ご連絡させて頂きます。

よろしくお願い致します。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP