交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

後遺障害診断書は自分でお願いしたほうが良かったのでしょうか?

大分県 C様

相談事例:自動車にて通勤途中、渋滞で停車していたところ、後ろから追突されました。
その後、私は肩の凝り、手のしびれがとれず、病院に一週間に1~2回くらいのペースで通っていました。

一年以上過ぎ、相手方の保険会社から治療打ち切りの電話があったため、私は病院の先生に後遺障害の事を伝えました。

先生は「いつでも申請をします」と言っていたので、その事を保険会社の人に伝え、保険会社の人の方から病院に後遺障害診断書を書いてもらうようにしますという流れになりました。
そして今は保険会社からの連絡待ちの状況です。

今日、こちらのサイトを見て不安になったのですが、私が病院に行って診断書を直接書いてもらったほうが良かったのでしょうか?

しびれが残っており、14等級の「神経症状を残すもの」に該当しそうだと思うのですが、認定される可能性はありそうでしょうか?

ご返答をよろしくお願いいたします。


回答です:ご相談ありがとうございます。

主治医の先生には、できればC様から直接後遺障害診断書の記入をお願いした方がよろしいかと思います。

C様から直接、今までの治療のお礼を伝えつつお願いをすれば、先生も気持ち良く証明をしてくださるように思います。

後遺障害診断書の用紙を保険会社から取り寄せていただき、主治医の先生に証明をお願いしてみて下さい。 その際、C様の現在の自覚症状を箇条書きで紙に書き、先生に渡してみていただけるとよろしいかと思います。

主治医の先生が診断書を書いて下さいましたら、コピーを当事務所までお送りください。 14級が取れそうかどうかや、主治医の先生の記入漏れがないか等を確認し、ご連絡させて頂きます。

よろしくお願い致します。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP