交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

骨盤骨折と左尺骨骨折の後遺障害のご相談

神奈川県 F様

相談事例:ひき逃げ事故に遭い、政府の保障事業に申請し、後遺障害の認定が出ました。しかし思っていた等級より低かった為、異議申し立てをすれば上がる可能性があるのかどうかご相談いただきたくメールさせていただきました。

怪我は、骨盤骨折と左尺骨骨折です。骨盤骨折で12級5号、尺骨骨折で14級、併合12級という結果です。

左尺骨骨折については、付きが悪く現在も金具が入っています。また、一部分だけ骨が盛り上がっています。

以上の点をふまえ、上の等級に該当する可能性はないか?アドバイスよろしくお願い致します。

 

回答です:骨盤骨折(恥骨結合離開)につきましては、12級5号で妥当だと思います。

左尺骨骨折につきましては、骨の付が悪いと書かれていますので、骨の癒合が悪い可能性があります。その場合は、異議申し立てをすれば12級13号が取れる可能性があります。

左尺骨骨折で12級13号が取れますと、併合して11級となります。


念のため後遺障害診断書、等級認定票のコピーを当事務所まで送っていただければ、詳しく分析してご連絡させて頂きたく思います。宜しくお願い致します。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP