交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

示談の計算書を見ていただけませんか?

熊本県 E様

相談事例:十字路交差点で先方普通車、当方原付バイクで出会い頭の衝突。

当方40代の女性です。右足首の粉砕骨折で入院92日、通院46日でした。過失割合は先方7で当方3です。

この度、後遺障害10級11号の認定が出て、保険会社より示談の計算書が送られてきました。

この示談の計算が妥当なものか全く判断が付きません。一度、計算書をみていただけないでしょうか?


回答です:ご相談ありがとうございます。

保険会社からの計算書を当事務所までお送り頂ければ、拝見してご連絡させて頂きたく思います。
後遺障害逸失利益を計算するのに症状固定時の年齢も必要ですので、メモ用紙で結構ですので書いて一緒にお送り下さい。

郵送、FAX、メールに添付のいずれかの方法でお送り頂ければ幸いです。

また、E様はお勤めをされていますか?それとも専業主婦でいらっしゃいますか? それによって、休業損害の計算方法が変わってきます。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP