交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

併合9級でこの示談金は妥当ですか?

東京都 F様

相談事例:交通事故に遭い、右腓骨の開放骨折と皮膚剥離の怪我を負いました。

2度の入院(合計37日)と、半年間通院をし、先日損害賠償金額の提示が来ました。

後遺障害認定で右足関節機能障害で10級11号と判断。

右下腿外傷性皮膚欠損では12等級と判断。

以上で併合第9級と判断されました。

示談の提示が来ました。

・傷害慰謝料…83万円
・逸失利益…労働能力喪失率27%、中間利息控除期間5年間
・後遺障害慰謝料…245万円

この提示金額は妥当なのでしょうか?ご判断、よろしくお願い致します。


回答です:ご相談ありがとうございます。

まず、傷害慰謝料は赤本(裁判所基準)ですと、約160万円になります。

逸失利益は5年分となっていますが、67歳まで請求してみたいと思います。

後遺障害慰謝料(9級)は、赤本(裁判所基準)ですと、690万円になります。

まだまだ増額の可能性が高いと思います。
保険会社からの提示金額の案内を当事務所までお送り頂ければ、具体的に計算してご連絡させて頂きたく思います。
その際、逸失利益の計算に用いますので、F様の症状固定時のご年齢と、事故前年の年収をメモ用紙に書いて頂き、一緒にお送り下さい。

よろしくお願い致します。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP