交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

高齢一人暮らしの事故です

大阪府 J様

相談事例:被害者は私の母(80歳)です。
母がバイクにて走行中、駐車場から出てきた相手方自動車と追突しました。
相手方は携帯電話を操作しており、母の過失は0%です。

治療総日数240日 入院103日 通院6日です。
また、母は一人暮らしです。

相手保険会社から以下のような提示がありました。妥当かどうか、ご判断お願い致します。

◇看護料………4100円×30日  123,000円
◇入院雑費……1,000円×103日 103,000円
◇傷害慰謝料…895,000円
◇後遺障害……2,240,000円 12等級7号

回答です:ご相談ありがとうございます。お母様の事故についてのご相談ですね。

お母様のお怪我は下肢の骨折ということでよろしいでしょうか?

赤本(裁判所基準)で計算いたしますと、
看護料は6,500円×30日=195,000円
入院雑費は1,500円×103日=154,500円
慰謝料は323万円ほどになるかと思います。
また、同じく赤本ですと、12級7号の後遺障害慰謝料は290万円となっています。


(お母様はご高齢の一人暮らしということですので、今回は後遺障害逸失利益は認められない可能性が高いと思います。)

保険会社からの提示金額の案内のコピーを当事務所までご郵送頂ければ、詳しく拝見して計算させて頂きたく思います。


また、後遺障害の等級が12級で妥当なのかどうか調べてみたいと思いますので、後遺障害診断書のコピーもお送りいただければ幸いです。

よろしくお願い致します。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP