交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

12級7号になりました

川崎市 O様

相談事例:会社からの帰宅途中、徒歩にて道路を横断していたところ自動車にはねられました。

怪我は左足の内くるぶしの骨折で、全治2ヶ月となりました。
ギプス固定で治療をし、ギプスが外れた後も9ヶ月ほどリハビリに通いました。
後遺障害の申請をし、12級7号獲得となりました。

そろそろ示談金の提示があると思うのですが、最低額の224万からいくらくらい上乗せされるのが、妥当でしょうか?


回答です:ご相談ありがとうございます。
左足首に可動域制限が残ってしまわれたのですね。お見舞い申し上げます。
後遺障害部分の224万円(自賠責保険の金額)にいくら上乗せが出来るか、というご相談ですね。

後遺障害部分は後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益という項目に分けることができます。


後遺障害慰謝料は、裁判所基準(赤本)ですと290万円となります。
後遺障害逸失利益の計算には、O様の事故前年度の年収額が必要となります。ご連絡頂ければ、具体的な金額を計算させて頂きたく思います。

また、傷害部分の慰謝料等も一度計算をさせて頂ければ幸いです。
示談金額の提示が保険会社からありましたら、コピーを当事務所までお送り下さい。


(事故前年度の源泉徴収票のコピーも添付してお送りください。)
届き次第、至急計算し、ご連絡させて頂きます。

宜しくお願いします。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP