名古屋相談会 武蔵小杉相談会 個別面接相談会開催  交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。  メール相談はこちら 

交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。

 

 

無料キャンペーン実施中! こちら
交通事故無料メール相談

 

無料小冊子はこちらです

 

 

 

 

 

小冊子の申込みはこちら

 

1.示談交渉の流れ

2.損害賠償金額はいくらか

3.行政書士を有効活用

4.自賠責請求は

5.物 損

6.頭を強く打ったとき

7.交通事故関連情報

通勤災害の早分かりシート

松井 宝史
行政書士・社会保険労務士
松井 宝史(たかし)
宮本麻由美
行政書士・社会保険労務士
宮本 麻由美

7.交通事故関連情報

交通事故被害者相談室

休業損害における有給休暇使用分

被害者が事故による受傷の治療のため勤務を休まざるを得ない場合に有給休暇を使用した時は、欠勤による減収があった場合との均衡上、使用した有給休暇を財産的に評価して、これも休業損害と認めるのが相当である。
本件では、事故前3ヵ月間の原告の1日当たりの平均賃金は15,506円であり、取得した有給休暇日数は104日であるから、有給休暇使用による損害として1,612,624円を賠償されるべき損害と認める。
      15,506円×104日=1,612,624円
          大阪地裁  平成13年11月30日判決
交通事故のケガの治療に有給休暇を使って病院に行った場合
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)
無料小冊子  メール相談  面接相談   


交通事故の無料小冊子
交通事故無料相談フォーム
通勤災害はこちらへ

交通事故Web障害年金Web