交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

通勤途中の頚椎捻挫で14級認定事例

Y様(50歳代男性)

Y様は、以前当事務所で通勤災害のお手伝いをさせていただいたお客様(N様)からのご紹介でご相談にみえました。

事故から6ヶ月治療をして症状固定となり、後遺障害の申請をしたが「非該当」という結果になってしまったとのことでした。

また、N様が通勤災害に遭われたとき、労災保険の休業特別支給金、障害特別支給金等の申請を私共でお手伝いさせて頂いており、Y様からもそのご依頼を頂きました。

まずは、自賠責保険の等級が「非該当」でしたので、葵行政書士事務所の方で等級の異議申立の手続をさせて頂きました。

労災保険については愛知労務の方で、「第三者行為災害届」、「休業特別支給金支給申請書」、「障害特別支給金支給申請書」の書類作成をお手伝いさせて頂きました。

各々の書類とも添付書類が多く記入内容も複雑ですが、私共の事務所では行政書士と社会保険労務士のどちらもおりますので、自賠責保険も労災保険もどちらも手続が可能です。Y様のお勤め先の会社とも連絡をとりながら完成させました。

自賠責保険の異議申立の結果も申請してから2ヶ月ほどで出てきました。MRIの異常所見もありましたので、14級獲得という嬉しい結果となりました。

労働基準監督署には、労災保険の書類一式が揃いましたので、交通事故の民事上の書類と一緒に提出をしていきました。

その間に、民事上の賠償金の額も決定し、事前に労働基準監督署の許可を受けてから示談となりました。

その後、1ヶ月ほどしてから労働基準監督署の等級認定の出頭があり、私も立会いをさせていただきました。労災保険についても14級が獲得できました。

労災保険の給付としては次のような給付がありました。

 

休業特別支給金 約40万円
障害特別支給金 8万円
ボーナス特別支給金 約 8万円


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

通勤災害認定事例に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP