交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

右肩腱板断裂で10級獲得事例(業務中)

T様 50歳代男性

T様は、業務中に自動車の運転をしていた際、後方から追突されて負傷してしまわれました。それにより、右肩の腱板が断裂してしまいました。

治療をするために実家に戻られ、ご自宅から近い病院にて治療を続けられました。

T様のお勤めの会社は、他の何名かの方の労災のお手続をさせていただいたことがありました。

今回も、第三者行為災害届の作成、休業特別支給金の申請書類作成に取り掛かりました。

第三者行為災害届は、通勤災害の場合は会社の証明が不要ですが、業務災害の場合は会社の証明が必要となります。

また、休業特別支給金の申請(休業損害については100%相手の任意保険会社が払ってくれていました)については、事故前3ヶ月間の給与明細書、タイムカード、及び事故前1年間の賞与明細書のコピーを会社から取り寄せ、手続をさせて頂きました。

障害給付申請については、T様がご実家に戻られていましたので、病院にて証明を受け、当事務所の方で労働基準監督署に提出させて頂きました。

T様がご実家から会社の寮に戻られた頃を見計らって、労働基準監督署の担当官と障害等級の認定日について打ち合わせを致しました。

等級認定日前までに「障害の状態に関する申立書」の作成サポートをさせて頂きました。この書類が重要な書類で、初めての方だと記入漏れや的違いなことを書いてしまい、思っていた等級が認定されない場合があります。

労働基準監督署の担当官や顧問医の方は、この書類を見ながらひとつずつ確認並びに問診をしていき、等級認定へと結び付けていきます。

障害等級認定日には、当事務所のものが立会いをし、右肩の可動域測定について事前にアドバイスをさせていただきました。

主治医の先生の可動域測定の結果よりも、労働基準監督署の測定の結果が採用される場合が多くなっています。

T様の場合は、肩の可動域制限で10級の認定となりました。労災先行をさせて頂き、労災保険の給付は400万円弱となりました。

自賠責保険の等級については、最初は14級、異議申立をして肩の可動域制限で12級となりました。

労災保険の等級の方が概して重くなる傾向にあります。

労災保険の給付を先行しましたので、生活資金はとりあえず一服することができ、T様やご家族の方に喜んで頂けました。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

通勤災害認定事例に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

アクセス

社会保険労務士法人愛知労務・葵行政書士事務所

〒442-0876

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
FAX:0533-89-5890
mail:maturom@mtj.biglobe.ne.jp
受付:8:30~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

行政書士・社会保険労務士宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP