交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

頚椎捻挫で労災12級認定事例

通勤途中の交通事故で頚椎捻挫のお怪我を負われたT様から、通勤災害の障害給付申請のご依頼をいただきました。

民事上の損害賠償については、弁護士事務所に依頼されましたので、愛知労務としては労災保険の申請のみというパターンになりました。

まずは第三者行為災害届の作成です。相手の任意保険会社の担当者に連絡を取り、「交通事故証明書」を送ってもらいました。また、あわせてT様の勤務先の総務の担当者の方とも連絡を取り、「平均賃金算定内訳」を記入するために、事故3ヶ月前の給与明細書、タイムカードを送っていただきました。

それと同時に、「特別給与届」を記入するために、事故前1年間の賞与明細書も送っていただきました。

障害給付支給請求書の作成にとりかかりました。必要事項を記入し、その後勤務先の会社に送付させて頂き、社印の押印をお願いしました。

T様の主治医の先生に障害給付支給請求書の証明を、T様経由でお願いして頂きました。

愛知労務としては、労災保険の等級の方が自賠責保険の等級認定よりも高い等級が取りやすく、給付も早いということで、労災先行の処理をさせて頂いております。第三者賠償支給調整確認書(同意書)を労働基準監督署に提出します。

T様は、事故から約1年、整形外科病院に通院され、実通院日数は129日となっていました。頚部後面の痛みが常時ある状態でした。

愛知労務(当事務所)が労働基準監督署の担当官と密に連絡を取り、障害認定の立会いを行いました。それまでに「身体の状態にかかる申立書」の作成をサポートさせて頂き、事前に提出しました。

障害認定の立会いから2週間程で、「一時金支給決定通知」がT様のもとに届きました。支給された金額は260万円程となっており、T様は驚いておられましたが、喜んでいただくことができました。

労災保険の等級は12級となっていました。当事務所としましても、お手伝いをさせていただいた甲斐があり、大変嬉しく思いました。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

通勤災害認定事例に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

アクセス

社会保険労務士法人愛知労務・葵行政書士事務所

〒442-0876

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
FAX:0533-89-5890
mail:maturom@mtj.biglobe.ne.jp
受付:8:30~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

行政書士・社会保険労務士宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP