交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

民事上の示談解決3年後申請で労災保険12級認定事例

通勤途中のバイク事故で右鎖骨骨折のお怪我をされたK様からご相談を頂きました。K様は骨折により右鎖骨が変形してしまい、自賠責の等級は12級5号の認定となりました。

交通事故の解決については、葵行政書士事務所の方でお手伝いさせて頂き、無事解決となりました。そのときK様は転職されたばかりで、会社の総務担当者に「通勤災害」の申請の話がしにくいということで、後日申請しようということになりました。

K様も勤務先の会社にだいぶ慣れたということで、事故解決から3年経った頃、当事務所にお電話を頂きました。

今回は障害特別支給金だけの申請でしたので、労働基準監督署に確認をとり、「第三者行為災害届」の提出は省略させていただきました。

障害給付支給申請書の書類作成にとりかかり、会社の証明や給与明細、タイムカードについては、愛知労務の方で総務担当の方と連絡を取り、書類を送っていただきました。

K様の場合、事故1年前のボーナスがありませんでしたので、労働基準監督署の担当官と相談し、「特別給与(賞与)支払額証明書(申立書)」の提出をすることになりました。同一事業所、同種労働者の支給実績等を基に、ボーナス特別支給金を計算していただけることになりました。

また、「身体の状態にかかる申立書」についても、K様から症状や鎖骨の変形具合について内容をお聞きし、愛知労務でとりまとめをさせて頂き、障害認定日よりも前に労働基準監督所の担当官に提出いたしました。

障害認定日当日は、愛知労務から社会保険労務士一名が同行させて頂き、K様のサポートをさせて頂きました。

障害認定日から1ヶ月ほど経った頃、「一時金支払決定通知」がK様のお手元に届きました。

障害等級については、12級5号の認定となりました。自賠責保険の等級と同じです。障害特別支給金は定額の20万円となっていました。

ボーナス特別一時金についてはあまり期待をしていなかったのですが、これが驚くことに約47万円の支給となっており、合計して約67万円の給付となりました。K様には大変喜んでいただくことが出来ました。

今回のポイントは、

民事上の示談が解決した後でも、症状固定後5年以内なら申請ができるということです。それと併せて、入社間もない時期の事故で、事故1年前のボーナスが支給されていない場合でも、救済措置があることです。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

通勤災害認定事例に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

アクセス

社会保険労務士法人愛知労務・葵行政書士事務所

〒442-0876

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
FAX:0533-89-5890
mail:maturom@mtj.biglobe.ne.jp
受付:8:30~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

行政書士・社会保険労務士宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP