交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

頚椎捻挫、腰椎捻挫で労災保険14級認定(業務中)

業務中に自動車の運転中、赤信号で停車していたところ後方から来た自動車に追突されたY様からご相談を頂きました。

首の痛みがひどく、腰も痛みが残っているのに、自賠責保険の後遺障害が「非該当」になってしまったという内容でした。

まず葵行政書士事務所の方で後遺障害の異議申立の書類作成をY様よりご依頼頂きました。

主治医の先生に「医師の意見書」記入の依頼文を作成しました。主治医の先生は、頚椎MRI画像の異常所見と、上肢の腱反射について証明して下さいました。

異議申立書と医師の意見書を添えて異議申立をしたところ、約2ヵ月後に「14級9号」に該当するという嬉しい認定結果となりました。

認定票の理由書には、初診時から終診時まで症状の一貫性が認められ、症状固定後も通院が認められたことから「局部に神経症状を残すもの」と判断されていました。

自賠責保険が14級9号に認定されましたので、労災保険の方も愛知労務の方で障害の申請をしようということになりました。

今回の治療は、相手側の自賠責保険を使っていました。そのため、まず第三者行為災害届の作成から取り掛かりました。

Y様は、事故が原因で休業も発生しておられましたので、休業特別支給金の申請も行うことになりました。休業特別支給金は、休業していた期間の休業給付基礎日額の20%が労働基準監督署から民事上の賠償とは別に支給されます。休業特別支給金申立書を愛知労務にて作成致しました。

その後、障害給付の申請へと手続を進めて参りました。その間、Y様の勤務先の担当者の方と緊密に連絡を取らせていただきました。身体の状態にかかる申立書につきましても、自賠責保険の異議申し立ての際にY様と検討した内容をもとに、とりまとめさせて頂きました。

障害認定日には、愛知労務より社会保険労務士一名が労働基準監督署まで出向き、Y様にご同行させて頂きました。

障害認定日から一ヶ月ほど経った頃、Y様のお手元に「一時金支給決定通知」が届きました。障害特別支給金80,000円と、ボーナス特別支給金78,000円の支給となっていました。

 

今回のポイント

今回のポイントとしましては、民事上の示談が解決してから休業特別支給金、障害特別支給金、ボーナス特別支給金の申請という形となったことです。

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

通勤災害認定事例に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

アクセス

社会保険労務士法人愛知労務・葵行政書士事務所

〒442-0876

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
FAX:0533-89-5890
mail:maturom@mtj.biglobe.ne.jp
受付:8:30~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

行政書士・社会保険労務士宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP