交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

右脛骨高原骨折で労災保険8級認定事例

通勤途中の交通事故で右脛骨高原骨折のお怪我をされたM様から、自賠責保険の等級が「非該当」になったというご相談をいただきました。

M様はバイクで通勤している時、トラックが後ろから追い越して来たのですが、対向車が来たのでトラックが左に幅寄せしたため、トラックと壁に挟まれて負傷してしまわれました。

治療終了した時点では、右膝にスクリューが2本入ったままであり、走ったり、階段を下りるのが困難な状態でした。

葵行政書士事務所で自賠責保険の異議申立のご依頼を頂きました。この時には、通勤災害の労災保険申請は保留にしておきたいというのがM様のご意向でした。

主治医の先生に、脛骨高原骨折の骨折分類と、初診時から終診時までの手術などの経緯を証明していただきました。Hohl分類で分裂陥没型という証明でした。事故から6日目に関節鏡下関節内骨折観血的手術をされておりました。


3か月後に全荷重許可されましたが、片松葉杖歩行でも不安定な状態であった、という主治医の証明をいただくことができました。

この主治医の先生の証明をもとに自賠責保険の異議申立をして、2か月後に14級9号の認定となりました。

この時点でM様は、労災保険の申請をしてもいいのではないか、というお気持ちになられていましたので、今度は愛知労務が手続きに取り掛かりました。

まずは第三者行為災害届の作成から始めました。この書類は5枚あるのですが、通勤災害の場合は会社の証明が不要ですので、交通事故証明書とM様のヒアリングで作成ができます。

その後、障害給付支給請求書、通勤災害に関する事項、特別給与に関する届、休業給付支給請求書、休業特別支給金申立書の作成にとりかかりました。

また、治療はすべて相手側の自賠責保険にて行っていましたので、障害給付支給請求書の病院証明代を請求するために、療養給付たる療養の費用請求書の書類も作成しました。

ここまでは順調に進んだのですが、M様のお勤め先の会社の証明と、給与明細書、ボーナス支給明細書のところでつまずいてしまいました。

愛知労務の方で会社の担当者の方に、今回の労災申請をしても労働保険料が上がることはないことなどをご説明させていただいたのですが、会社の証明などが進みませんでした。

そこで労働基準監督署の担当官とも相談し、会社証明なしで申請しようという運びになりました。

M様のお膝の状態はあまりよくありませんでしたので、「身体の状態にかかる申立書」はM様とよく打ち合わせをして、こちらで作成させて頂きました。

労働基準監督署の障害認定の立会いも、愛知労務より社会保険労務士1名が同行させていただきました。特にM様のお膝の具合については、労働基準監督署の担当官にも強調するように致しました。

労働基準監督署の認定から2か月程経ってから、一時金支給決定通知がM様のお手元に届きました。M様は金額の大きさに驚かれ、愛知労務に喜びのお電話をくださいました。

こちらから労働基準監督署の担当官に等級の内容を確認させていただき、8級(膝の動揺関節)の認定であることをM様にご報告させていただきました。

 

今回のポイント

今回のポイントとしましては、自賠責保険で異議申立をして上位の等級が認定されたので、その後労災保険を諦めずに申請したことです。

労働基準監督署の認定は、実際にお怪我をした方と面談して等級を認定するので、自賠責保険より高い等級が認定されるケースがあるというのがポイントです。

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

通勤災害認定事例に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

アクセス

社会保険労務士法人愛知労務・葵行政書士事務所

〒442-0876

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
FAX:0533-89-5890
mail:maturom@mtj.biglobe.ne.jp
受付:8:30~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

行政書士・社会保険労務士宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP