障害年金の豆知識

障害年金小冊子障害年金無料キャンペン中  無料相談会

   Top > 障害年金の豆知識 >>

障害年金の豆知識(無料小冊子)です。

障害年金小冊子障害年金無料キャンペン中

障害年金の概要



聴覚、鼻腔機能、平衡機能

肢 体

そしゃく・嚥下機能、言語機能


呼吸器疾患

循環器疾患

腎疾患、肝疾患、 糖尿病

血液・造血器、その他


循環器疾患の障害


左室駆出率

冠動脈造影検査のとき、左心室の中に造影剤を注入して得られる画像によって、左心室が収縮と拡張を繰り返す様子を見ることができます。これが左室造影検査と呼ばれるもので、心機能を調べるのに役立ちます。

心臓が拡張したときの容量から収縮したときの容量を差し引いた分が、左室が1回収縮したときに拍出される血液量です。これを駆出量といいます。

駆出量を心臓が拡張したときの容量で割った値を駆出率(EF)といい、心臓のポンプ機能の働きを表す指標とします。駆出率が50%以上を正常とし、機能が低下するに従って、駆出率は下がります。血液を全身に送り出す量を測る尺度となります。

駆出率が40%以下の方はどうぞお気軽にご相談ください。

無料メール相談はこちらからメール相談はこちら 

障害年金の無料小冊子無料キャンペーン中です

心疾患の検査での異常検査所見を一部示すと、次のとおりです。

区分

異常検査所見

安静時の心電図において、0.2mV以上のSTの低下もしくは0.5mV以上の深い陰性T波(aVR誘導を除く。)の所見のあるもの

負荷心電図(6Mets未満相当)等で明らかな心筋虚血所見があるもの

胸部X線上で心胸郭係数60%以上又は明らかな肺静脈性うっ血所見や間質性肺水腫のあるもの

心エコー図で中等度以上の左室肥大と心拡大、弁膜症、収縮能の低下、拡張能の制限、先天性異常のあるもの

心電図で、重症な頻脈性又は徐脈性不整所見のあるもの

左室駆出率(EF)40%以下のもの

BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)が200pg/mll相当を超えるもの

重症冠動脈狭窄病変で左主幹部に50%以上の狭窄、あるいは、3本の主要冠動脈に75%以上の狭窄を認めるもの

心電図で陳旧性心筋梗塞所見があり、かつ、今日まで狭心症状を有するもの

この表でいいますと、F(左室駆出率(EF)40%以下のもの)が、該当します。

注:「F」についての補足


心不全の原因には、収縮機能不全と拡張機能不全とがあります。
近年、心不全症例の約40%はEF値が保持されており、このような例での心不全は左室拡張不全機能障害によるものとされています。しかしながら、現時点において拡張機能不全を範便に判断する検査法は確立されていません。

左室拡張末期圧基準値(5−12mmHg)をかなり超える場合、パルスドプラ法による左室流入血流速度波形を用いる方法が一般的です。この血流速度波形は急速流入期血流速度波形(E波)と心房収縮期血流速度波形(A波)からなり、E/A比が1.5以上の場合は、重度の拡張機能障害といえます。

無料メール相談はこちらからメール相談はこちら 

HOME >循環器疾患の障害  >左室駆出率
障害年金の豆知識(無料小冊子)です。

戻る


 

障害年金のご相談はこちらから


障害年金の豆知識