労務管理の豆知識
 
育児・介護休業法

育児休業制度
介護休業制度
看護休暇制度

高年齢者等の雇用の安定等に関する法律

概要
段階的に引上げ
原則は希望者全員
平成18年から3年間は
高齢者の職域の確保
雇用形態、労働条件
継続雇用を推進する方策
対象者の係る基準の経過措置
望ましい基準
適切でないと考えられる基準
基準設定に当っての考え方
働く意思意欲に関する基準
勤務態度に関する基準
健康に関する基準
能力・経験に関する基準
技術伝承等その他に関する基準
継続雇用制度の運用のポイント
定年延長・雇用継続制度Q&A
退職手続安心サポート

入管法の改定

不法滞在者等対策
難民認定制度の見直し

お困りごとは・・・

募集・採用
賃金、賞与
退職金
労働時間・有給休暇
配置転換・出向
懲戒処分
職場でのいやがらせ
労災補償
過労死(脳・心臓疾患)
退職、解雇
セクハラ
生理休暇・産休・育児休暇
パートの契約更新

サポート業務

是正勧告の対応
あっせん申請書の作成
提出代行事務
主張若しくは陳述について代理
あっせん委任後の活動
あっせん代理報酬

個別労働紛争解決システム


労働者と事業主の紛争発生
企業内における自主的解決
総合労働相談コーナー
(全国にあります)
都道府県労働局長による助言・指導
紛争調整委員会
(あっせん委員によるあっせん)
労働基準法
改正労働基準法の要点
顧問契約
HPのtop >> 労務管理の豆知識 >>     

労働条件は書面で明示する必要があります

求人をして1名採用しました。

求人票には月給20万円と書きましたが、とりあえず月給18万円で雇ってもいいでしょうか?
 

労働者を雇い入れた場合、使用者は賃金額などの労働条件を明示しなければならず、その方法として労働条件を記載した書面を交付する義務があります。
ですから、「だいたい」とか「いくらくらい」というのでは問題がありますし、後になってトラブル発生の原因ともなります。
法律で、書面による明示が義務付けられている労働条件は次のとおりです。

1. 労働契約の期間に関する事項

2. 就業の場所及び従事すべき業務に関する事項

3. 労働時間、休日、休暇並びに交替勤務に関する事項

4. 賃金の決定、計算、支払いの方法、賃金の締切り及び支払いの時期ならびに昇給に関する事項

5. 退職に関する事項

入社した従業員に対して、上記事項を書面で交付する必要があります。
労働基準法で、上記5点については、決められています。
また、求人票の金額と交付した労働条件があまりにもかけ離れている時は、企業は信義誠実の原則に対する義務違反になることがあります。


メール相談はこちらのフォームからどうぞ → メール相談

 


社会保険労務士法人 愛知労務

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL 0533-83-6612 FAX 0533-89-5890


労務管理の豆知識  人事賃金制度  給与計算の豆知識