Top > 労務管理の豆知識 >>
メール相談はこちらから

育児介護休業 介護休業制度

 

2.介護休業制度

(介護のための短時間勤務)

1 要介護状態にある家族を介護する従業員については、申し出ることにより、対象家族1人あたり通算93日間の範囲内を原則として、就業規則第  条の所定労働時間について、以下のように変更することができる。

所定労働時間を午前9時から午後4時まで(うち休憩時間は、午前12時から午後1時までの1時間とする。)6時間とする。
ただし、同一家族について第  条の介護休業をした場合は、介護休業の日数も通算して93日間までを原則とする。

解説

介護のための勤務時間短縮等の措置についても、対象家族1人につき、要介護状態に至るごとに1回、通算して93日までの間で労働者が申し出た期間、措置が受けられるようになりました。

介護休業の対象者
介護休業の申出の手続等
介護休業の期間等
介護のための短時間勤務



メール相談はこちらのフォームからどうぞ → メール相談

 

 


労務管理の豆知識 ◆ 人事賃金制度 ◆ 助成金の豆知識 ◆ 給与計算の豆知識