Top > 労務管理の豆知識 > 改正労働基準法の要点 >>
メール相談はこちらから

 

解雇権濫用法理の明文化


今度の改正は、最高裁判例等で確立された解雇権濫用法理を「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」と明文化しました。

メール相談はこちらのフォームからどうぞ → メール相談

 


労務管理の豆知識 ◆ 人事賃金制度 ◆ 助成金の豆知識 ◆ 給与計算の豆知識