Top > 労務管理の豆知識 > 退職・解雇 >>
メール相談はこちらから

許容される限界を越えている場合は、損害賠償の対象となる

繰り返してなされる執拗かつ半強制的な退職の勧奨は違法

 

多数回かつ長期にわたる執拗な退職勧奨は、許容される限界を越えており、また労働者が退職するまで続けると述べられているので、心理的圧迫を労働者に加えたものであって許されない。

よって、労働者の損害賠償請求が肯定される。


メール相談はこちらのフォームからどうぞ → メール相談

 

 


労務管理の豆知識 ◆ 人事賃金制度 ◆ 助成金の豆知識 ◆ 給与計算の豆知識