労災保険・通勤災害_交通事故

交通事故の労災保険申請専門の社会保険労務士法人愛知労務

 

再発

負傷又は疾病にかかり、その負傷又は疾病が一旦治癒した者について、数ヶ月又は数年経過後に、旧傷病との間に医学上の因果関係が認められる傷病が発症した場合、傷病の再発といいます。

労働基準法又は労災保険法における再発は、治癒により一旦消滅した事業主又は政府の補償義務を再び発生させるものです。

そのため、その傷病が再発として明らかに旧傷病の延長であると認められるときは、労働基準法又は労災保険法による療養補償が開始されます。

発症した傷病が一旦治癒と認定された傷病の再発であるためには、業務上の事由による旧傷病とその後に発生した傷病との間に医学上の相当因果関係が存在することが証明され、旧傷病の治癒時と比べて症状が悪化しており、かつ、治療を加えることによってその効果が十分期待できるものである必要があります。

再発により傷病が具体的に労災保険法上の療養補償の対象とされ、療養の給付又は療養の費用の支給が行われるためには、労働者は所轄労働基準監督署長の認定を受ける必要があります。

よくある事例としては、大腿骨頚部骨折等で症状固定後に大腿骨頭壊死して治療を再開する場合などが、再発に該当してきます。


通勤災害用語集に戻る

通勤災害の無料相談を実施しています。お気軽にご相談ください。メール相談はこちら

相談フォームでうまく送れない方は、

メールmaturom@mtj.biglobe.ne.jp にてご相談ください。

お電話でも受け付けております。(9~16時)0533-83-6612までお電話下さい。


事務所写真

事務所執務風景

事務所執務風景です。

朝からフル稼働しております。

アクセス

〒442-0876

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
FAX:0533-89-5890
mail:maturom@mtj.biglobe.ne.jp
受付:8:30~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

無料メール相談

無料メール相談

社会保険労務士宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

↑ PAGE TOP